特定商取引法に基づく表記

日本人が知らされていないアジア圏の新チャンスとは?

プロフィール写真ネットビジネスの将来を先取りするため、2013年秋からフィリピン永住権を取得し、フィリピン マニラ市、セブ市、ダバオ市などを拠点にビジネスをしています。

フィリピンの人口は1億人を突破し、平均年齢は約24歳です。人口ボーナスは今後40年続くと言われています。

フィリピン永住権 2013年秋取得■ フィリピン永住権 2013年秋取得

日本、中国、東南アジアの中心にあり、地政学的にも絶好の場所にあります。フィリピンでは英語は公用語であり、英語を話す人口は世界で三番目に多いと言われています。

特定商取引法に基づく表記

特定表取引法表記
販売者名/住所
メールアドレスinfo@a-yama.jp
販売URLhttps://a-yama.jp/
お支払い方法クレジットカード決済のみ (入会日を起算として1ヶ月毎に課金)
販売価格ゴールド会員:月々4,980円 (税込)
商品代金以外の必要金額特にありません。
販売数量定員は特に定めていませんが、コンサルタントの対応がこれ以上無理と判断した場合、募集を終了いたします。
商品引渡し時期定期配信となります。
商品引渡し方法商品購入メールアドレスへ配信
返品・不良品について情報という特性上、返品および返金には応じられません。
表現、及び商品に関する注意書き本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
当サイトの利用上の注意最善の注意を払って情報を提供していますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当方では、そうした誤りなどについて一切責任を負いかねますので、十分ご理解、ご承諾の上、ご自身の判断と責任でご利用下さい。

2030年までに世界をリードする最強地域となるのは「アジア」

2012年末、米国国家情報会議から世界のトレンドをレポートにまとめた、2030年までの世界動向報告書「グローバルトレンズ2030」が発表されました。2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」米国国家情報会議とは、中央情報局(CIA)などの16の情報機関で構成されたアメリカ政府の調査機関で、そこでまとめたレポートはアメリカ大統領をはじめ政府関係者の判断材料として役立てられており、その信ぴょう性は極めて高いものです。

このレポートでは、2030年までに世界をリードする最強地域となるのは「アジア」であると分析されています。そのアジアの中心の一つが、フィリピンです。

20年後に世界のリーダーとなる都市はインドネシアのジャカルタとフィリピンのマニラ

ウォールストリートジャーナルは、20年後に世界のリーダーとなる都市として、インドネシアのジャカルタと、フィリピンのマニラを挙げました。

ウォールストリートジャーナルは、20年後に世界のリーダーとなる都市として、インドネシアのジャカルタと、フィリピンのマニラを挙げました。

http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304126604579507102714738392

ASEAN経済共同体(AEC)発足による一大経済圏の誕生

ASEAN経済共同体(AEC)発足による一大経済圏の誕生

http://www.yano.co.jp/page/show.php?id=385&template=14

ASEAN・東南アジア諸国連合は、2015年末にASEAN経済共同体(AEC)が発足しました。ASEAN加盟国10カ国が一つにまとまり、人口6億人を超える規模の一大経済圏が誕生しました。AECはいわば、欧州EUのASEAN版で、“統一通貨を設けない”、“域内でのヒトの移動は熟練労働者に限定”等、EUとの相違点が挙げられていますが、「域内の関税撤廃」、「貿易の円滑化」、「投資の自由化」、「知的所有権の保護」等で共通した枠組みで構成されていて、“ヒト、モノ、お金”の行き来が自由になることで、更なる経済の活性化が予測されています。

日本の情報しか知らない人は危ない! もう学ばないわけにはいかない!「アジア ネットビジネス」は21世紀に生き残るための「必修科目」

アジア圏の人口は約45億人おり、世界人口の55%を占めています。マニラ生活055日本国内の限定された情報に頼った戦略ではもはや限界なことは、あなたにもおわかりいただけるでしょう。最も危ないのは、日本国内にいるとそれに気づくことがとても困難だという点です。

もちろん、日本国内の情報も重要です。しかしどれだけ必死に頑張っても、日本国内だけの情報では限界があります。新しい流れや変化の兆しをライバルより1秒でも早くつかむことが重要です。そこが勝負の分かれ目となるのです。

フィリピンの子どもたち