SEOの被リンクについて、改めて考えてみよう。

SEOの被リンクについて、改めて考えてみましょう。

「被リンク」とは、他の人のサイトからあなたのサイトに対して、リンクを張ってもらうことです。例えば、あなたのブログですばらしい記事を書いたとして、それが他のサイトの運営者が気に入り、「おすすめの記事」としてあなたのブログにリンクを張ったとします。この、「他のサイトからあなたのサイトに貼られたリンク」のことを、被リンクといいます。

なぜSEOに被リンクが重要なのか?

被リンクは、SEO対策としてとても重要です。
より多くの人から被リンクを貼られているサイトは、それだけ有益な情報を発信していると判断できるため、Googleが評価して、検索結果の最初の方に表示するからです。

ところが、実際にGoogleが正確に被リンクを評価できるようになったのは、つい最近のことです。具体的には、2012年頃にGoogleが採用した「パンダアップデート」、「ペンギンアップデート」の頃からだといわれています。

「パンダアップデート」、「ペンギンアップデート」とは、Googleが新しく採用した,サイトを評価するための新しい基準の名称です。この、Googleが2012年頃に導入した「パンダアップデート」、「ペンギンアップデート」という新しい評価基準頃から、やっと本当の意味でGoogleは「被リンク」を評価できるようになったわけです。

ではそれ以前はどうだったかというと、「自作自演の被リンクを貼っているサイトが、検索結果の上位に表示されていた」ことになります。

この「被リンクが正確に評価されていなかった時代のSEO」で暗躍していたのが、SEO会社やSEOコンサルタントです。

依頼されたサイトを上位表示するために当時のSEO会社やSEOコンサルタントが何をしていたかというと、「自分たちが持っている数千、数万というサイトから、依頼された人のサイトに被リンクを貼っていた」のです。

2012年を境にSEO業界に起こった大変革

良質のコンテンツに対して、他の人が評価して貼ってくれるのが被リンクです。良質のコンテンツを書いて自然の被リンクを10個貼ってもらうのは、大変なことです。それが数千とか数万になると、一般的なサイトでは事実上不可能でしょう。

しかし、当時のSEO会社に依頼すれば、SEO会社が持っている数千、数万のサイトから、一気に被リンクを貼ってもらうことができした。2012年以前のGoogleは、このような自作自演の被リンクを見抜くことができず,堂々と上位表示させてしまっていたわけです。

Googleが「パンダアップデート」、「ペンギンアップデート」を採用した2012年以降、こういった被リンクは効果はなくなりました。それどころか、Googleからペナルティを受けて順位を下げることになりました。結果的に、自作自演の被リンクで上位表示させていたSEO会社やSEOコンサルタントも、姿を消すことになります。

自作自演の被リンク問題は、いまも根強く残っている

しかしいまでも、自作自演の被リンクでSEOの上位表示をねらっている人はたくさんいます。具体的には、自分でたくさんの副サイト(サブサイト)を作って、そこから本サイトに被リンクを貼り、上位表示をねらうというものです。

少し技術的な話ですが、GoogleはIPアドレスをクラスCレベルで分析してサイトを判断しています。これは、Googleが持っているIPアドレスを分析する特許から分かっています。逆に言えば、「IPアドレスを分析してクラスCレベルで別のサイトと判断されたサイトから本サイトに被リンクを貼っても、自作自演の被リンクだとGoogleには分からない」わけです。

このGoogleの欠点を利用した自作自演の被リンクは、いまでもよく利用されています。もしあなたがこのような被リンクに興味があるなら、「IPアドレス分散」などで検索すれば、関連した情報がたくさん見つかります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。