サラリーマンの副業に向いているアフィリエイトは?

「アフィリエイト」といっても、さまざまな種類があります。
メルマガアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、PPCアフィリエイト、ブログアフィリエイトなどです。

さらに、キュレーションサイトを作ってそこにアフィリエイト広告を貼るとか、2chのまとめサイトを作ってそこにアフィリエイト広告を貼る、などの方法もあります。

細かく分けるとアフィリエイトはたくさんの種類があります。それぞれのノウハウはどれも少しずつ違います。

サラリーマンが副業を選ぶときに考えるべきこと

サラリーマンが副業としてアフィリエイトをするのであれば、サラリーマンの欠点を補い、特長を生かすようなアフィリエイトをしないと、うまくいきません。

サラリーマンの欠点は、時間が無いことでしょう。1日1時間でもアフィリエイトの時間をかけるのは難しいと思います。

サラリーマンの特長は、パソコンの操作に慣れていることと、数万円程度ならアフィリエイトにお金をかけることができる、という点だと思います。

つまりサラリーマンは、「時間が無いけど、パソコン技術と数万円程度のお金はなんとかなる」ということです。

では、このようなサラリーマンの欠点と特長を生かそうとした場合、どのようなアフィリエイトが最適でしょうか。

一般的にアフィリエイトは、とにかく記事を書き続けなければならないとされています。1日に1つの記事を書き続けそれを3ヶ月続けるとか、300記事を書いてやっとアフィリエイトビジネスのスタートラインに立つことができる、などといわれています。

サラリーマンが副業するなら、長所を生かせる「ツール系アフィリエイト

ブログに記事を書き続けると、サイトの内容が充実していき、Yahoo!やグーグルなどの検索結果の最初の方に表示される機会が増えます。誰かが何かのキーワードで検索したときに、あなたのサイトが検索結果の最初の方に表示されれば、それだけあなたのサイトのアクセス数が増えます。アクセス数が増えれば、あなたのサイトに貼られたアフィリエイト広告からの収入が増えるわけです。ですからアフィリエイトでは、サイトの内容を充実させるために大量の記事を書き続ける必要があるとされているわけです。

ところが実際には、自分では一切記事を書かず、他の人に記事を書いてもらったり、プログラムに記事を書いてもらってサイトの内容を充実させ、成功しているアフィリエイトもあります。

それが「ツール系アフィリエイト」です。

http://www.amazon.co.jp/dp/B0197BHJV0

「ツール系アフィリエイト」は、ツール(=プログラム)を利用して、他の人に記事を書いてもらったり、プログラムに記事を書いてもらってサイトの内容を充実させていきます。仕組みさえ一度作ってしまえば、あなたが記事を書く必要はありません。

サラリーマンが副業にアフィリエイトを選ぶ場合、「時間が無いけど、パソコン技術と数万円程度のお金はなんとかなる」という条件でアフィリエイトビジネスをすることになります。アフィリエイトはサラリーマンの副業の有力候補に挙げることができますが、一般的な「記事を書き続けるアフィリエイト」は、おそらくほとんどのサラリーマンが途中で挫折してしまうでしょう。

しかし「ツール系アフィリエイト」であれば、サラリーマンの副業の条件とぴったり合致します。サラリーマンが副業としてアフィリエイトをするのであれば、選択肢は「ツール系アフィリエイト」しかないでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

あなたにおすすめの記事は……