「ネット副業」2人に1人がアフィリエイト、Airbnbに積極的

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000012-zuuonline-bus_all

平成以降に生まれた人は、2人に1人がネット副業に興味があり、特にアフィリエイトはAirbnbに積極的だ、というニュースです。

「ネット副業」と言うことですから、本業があっての副業と言うことでしょう。確かにアフィリエイトであれば、特に技術や経験、そしてお金が無くても、今日から始めることができます。しかしアフィリエイトで月収5万円以上を稼ぐには、毎日数時間の作業をしても、おそらく3ヶ月から6ヶ月かかるでしょう。しかしアフィリエイトで収入を得る土台を一度作ってしまえば、あとはほとんど自動運転で継続的に収入を得ることができるようになります。

アフィリエイトで成功するには、多くの記事を書き続けることが重要だと言われています。しかし、その「記事を書き続ける」ことができずにほとんどの人が挫折してしまいます。

ツール系アフィリエイト」ならはほったらかしで月100万円稼げる

それを解決する唯一の方法が、「ツール系アフィリエイト」です。記事を一切書く必要が無く、サイトの利用者が勝手に記事を増やしてくれたり、あるいはプログラムを利用してサイトの内容が自動的に充実し続ける仕組みを作り、そこからアフィリエイト収入を得る、というのが「ツール系アフィリエイト」の概要です。

http://www.amazon.co.jp/dp/B0197BHJV0

Airbnbで法律違反のリスクを冒さず、しかも先行者利益を確保する方法とは?

さて、もう1つのAirbnbですが、Airbnbとは、宿泊施設を貸し出して収入を得るというビジネスモデルです。

Airbnbで収入を得るには、まず、貸し出すことができる宿泊施設を自分で用意しなければなりません。

簡単な例を挙げれば、ワンルームを月10万円で借りて、それをAirbnb用の宿泊施設としてAirbnbのサイトに登録し、1泊1万円で貸し出す、という流れです。1泊1万円ですから、1ヶ月で20日間借りてくれる人がいれば、月商は20万円となります。元の家賃が10万円ですから、単純に計算すると残り10万円が儲かる、というのがAirbnbビジネスです。

Airbnbはまず宿泊施設を確保しなければなりませんから、副業として始めるにはかなりハードルが高いでしょう。そして、宿泊施設は1つだけではだめで、10部屋、20部屋と増やしていかないと、十分な収入にはなりません。

実際の顧客対応や管理作業は、Airbnb代行サービスを利用すればいいので、自分が動く必要はありません。でAirbnbは仕組みさえ構築できれば不労所得を実現できます。ですから、アンケートでもAirbnbをやってみたい人が多くなっているのでしょう。

しかしAirbnbには、大きな問題があります。それが「法律違反」です。

Airbnbのように個人が宿泊施設を貸し出して収入を得るというビジネスモデルは、日本では法律違反となるリスクがあります。この「Airbnbの違法性」は現在議論されているところであり、違法であったり、違法でなかったり、異なる解釈が飛び交っています。

将来的にAirbnbが合法となれば、いまから始めた人は先行利益を得られるので、有利になるでしょう。
将来的にAirbnbが違法となれば、いまから始めてしまった人は、法律違反をしたとして、何らかの制裁を受けることになるでしょう。

ですからいまの日本でAirbnbビジネスをするのはとてもリスクが高いのです。

とはいえ、もしかしたら近い将来、Airbnbは合法という可能性もあるわけですから、今の段階で多少のリスクを冒しても先行者利益を確保したい、という人も多いと思います。そのために私は2015年の6月に、「Airbnbはおっちょこちょいにやらせておけ! 3年後あなたがAirbnb業界の覇権を握るための3ステップとは?」という情報を発信しました。ここで紹介した方法であれば、Airbnbをしても違法にはならず、そして確実に先行者利益を得ることができます。

http://www.amazon.co.jp/dp/B019XC9OJ8

このタイトルにあるとおり、Airbnbはお金に目がくらんだおっちょこちょいにやらせておけばいいのです。

Airbnbで法律違反のリスクを冒さず、しかも先行者利益を確保したい人は、いますぐこの資料をご覧ください(笑)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。