SEO対策を極める方法 [2017年後期] 意外な場所に最高のノウハウあり!

SEO対策を極める方法 [2017年後期] 意外な場所に最高のノウハウあり!

SEO対策とは、ヤフーやGoogleなどでキーワード検索した時に、できるだけ最初の方に自分のサイトを表示させるためのテクニックを言います。

日本でのSEO対策は2000年頃から始まり、その後2013年頃まではSEO対策の暗黒時代と言われていました。つまり、ブラックSEOと言われる手法で強引に上位表示させていたサイトが溢れていたわけです。

ブラックSEOとは、Googleが認めていない手法でSEO対策をし、強引に検索結果の上位に表示させてしまう方法です。2013年頃までは、Googleはそういった不正なやり方で上位表示をさせていたサイトを判断することがでできませんでした。ですから堂々と不正SEO対策をしていたサイトが検索結果の上位を独占し、正当なやり方で上位表示を目指していたサイトはことごとく検索結果の下位に追いやられていたという「SEOの暗黒時代」があったわけです。

それが2013年頃にGoogleの検索エンジンが賢くなり、不正なサイトは上位に表示できなくなりました。今は、正統派のSEO対策をしたサイトが上位表示されるいい時代になったわけです。SEO対策のノウハウも正当なSEO対策を解説する情報商材だけが生き残っている状況になっています。

ところが、少数派になったとはいえ中にはGoogleの欠点をついたブラックSEOを紹介している情報商材もいまだにあります。確かに今の時代でもブラックSEO対策はある程度の効果があります。しかしそれは一時的なものですから、そうったノウハウを解説した情報商材に手を出すのは賢いとは言えません。近い将来、検索結果の上位に表示されるどころかGoogleからペナルティを受けて検索結果の下位に追いやられてしまう可能性が高いからです。

こいった観点からSEO対策の情報商材について検証していきましょう

SEO対策 総合ノウハウと専用ツール

代表的な情報商材と専用ツール

  • おすすめ!賢威7 SEOに強い戦略的テンプレート』(テンプレートと充実したSEOマニュアルのパッケージ)
  • 『たった43ページの本物SEOマニュアル』(SEO対策)
  • 『SEOマニュアル ファイナル』(SEO対策)
  • 『Googleサーチコンソール活用術』(SEO対策)
  • 『EASY@LINK 簡単SEO即効性アリ!』(ブラックSEO対策)
  • 『Thunder Link』(ブラックSEO対策)

ワードプレスのテンプレートで『賢威7 SEOに強い戦略的テンプレート』を紹介しました。『賢威』はSEO対策に非常に強いワードプレスのテンプレートとして評判ですが、実はそこに付属しているSEO対策用マニュアルも非常に優れています。もしあなたがSEO対策について詳しく知りたいなら、ワードプレス用のテンプレートも付属している『賢威』お勧めします。

なお、ブラックSEO対策には手を出してはいけませんが、もしあなたが多少のリスクを冒してでも検索結果の上位に表示させたいのであれば、ブラックSEO対策について学ぶのも一つの手となります。

主なブラックSEO対策には「バックリンク」と「リンクファーム」という手法があります。バックリンクとは、自作自演の被リンク対策のことです。そしてリンクファームとは、自分で複数のサイトを運営しお互いに被リンクを貼りあって小規模なグループを構築する手法です。どちらもブラックSEO対策になるので、Googleに分かってしまえばペナルティを受ける可能性がありますが、その分SEO対策として高い効果が期待できるのも事実です。

ですからあなたが多少のリスクを冒してでもブラックSEO対策を試したいのであれば、それを解説した情報商材を手に取ってもいいでしょう。

なお、テンプレートのところでもご説明しましたが、アフィリエイトで本格的に稼ぎたいなら、レンタルサーバーを借りてワードプレスで本サイトを作るのが最も良い選択肢になります。その場合に必要になるのがSEO対策の知識になるわけですが、もうひとつの重要な要素はワードプレスのプラグインの活用方法です。今回紹介したSEO対策のマニュアルには、この重要なプラグインの活用方法についてはほとんど解説されていません。

この欠点は私の特典で補足解説します。ここで紹介したSEO対策の情報商材と私の特典で解説しているプラグインの活用方法を合わせれば、あなたのアフィリエイトで稼ぐ知識を加速させることができます。ですから私の特典も忘れずに活用してください。

※各情報商材やツール等は、コースによってノウハウやサポート内容が異なります。当サイトで分類したジャンルやカテゴリー等に当てはまらない場合もあります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。