サイトアフィリエイトで稼ぐ方法 [2017年後期] 自動サイト構築の最新ノウハウは?

そもそも「サイトアフィリエイト」とは?

「サイトアフィリエイト」とは、名前の通り「サイトで稼ぐ」アフィリエイトです。

ほとんどのアフィリエイトはサイトを利用して稼いでいるので区別がしにくいのですが、YouTubeやTwitterなどのSNSを利用してアドセンスで稼ぐ方法などもあるため、従来のサイトを作って稼ぐ方法を「サイトアフィリエイト」として分類しています。

サイトアフィリエイトのためのサイトを作る際に利用されるのが、「ワードプレス」です。ワードプレスはGoogleも認めているとおりSEO対策に強く、カスタマイズに優れ、しかも無料(一部の機能は有料)で利用できるため、サイトアフィリエイトの限らずさまざまなホームページ制作に利用されるサイト制作ツールです。

サイトアフィリエイトは「自動サイト構築」で差がつく!

最近の「サイトアフィリエイト」の特徴は、この「ワードプレス」の機能を利用して、いかに自動的に(あるいは半自動的に)サイトを構築していくかが勝負を分ける要因になっていることです。

例えば、最近公開された最新の情報商材『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』では、RSSというインターネット上の機能を利用して自動的にサイトを構築し、そこに集客してアフィリエイト報酬を得るノウハウと専用ツールが提供されています。

「RSS」とは、サイト運営者が発信している情報を自動的に取得して自分のサイトの記事として取り入れることのできるインターネット上の仕組みです。このRSSを利用することで、さまざまなサイトから情報を取得し、自動的に自分のサイトのコンテンツを増やしていくことができます。

カテゴリーを選ぶことも簡単ですから、例えばニュースのポータルサイトを作りたければ、ニュースサイトが発信しているRSSを自分のサイトに取り込むことで、あなただけのニュースポータルサイトを完全自動で構築できます。スポーツ系、芸能系、ホビー系、映画系、音楽系、海外ニュース系、パソコン系、テクノロジー系、ゲーム系、アダルト系など、あらゆるジャンルのポータルサイト、まとめサイトを自動で構築できます。

RSSを利用すれば、自分で記事を書くことなく、あらゆるジャンルのまとめサイト、ポータルサイトを構築することができます。サイトのコンテンツも自動的に構築され増え続けていくので、運営すればするほど情報量が多い巨大なサイトに成長していきます。結果的に訪問者に有益な情報を、自動的にそして大量に提供できるというわけです。そこにアフィリエイトリンクなどを忍ばせておけば、アフィリエイト収入を得られます。

サイトアフィリエイトで稼ぐ方法 [2017年後期] 自動サイト構築の最新ノウハウは?

RSS以外にも、例えばCSVファイルを利用した自動サイト構築方法もあります。CSVファイルとは、汎用性の高いデータベース用ファイルのことです。

例えばインフォトップ(情報商材専門アフィリエイト・サービス・プロバイダー)、DTI(アダルトサイト専門アフィリエイト・サービス・プロバイダー)、DUGA(アダルトサイト専門アフィリエイト・サービス・プロバイダー)などでは、広告として発信されている情報をCSVファイルとして提供してくれています。このCSVファイルはワードプレスに一括で取り込むことができるので、数千ページ、数万ページのコンテンツを一瞬で作り上げてしまうことができるわけです。

RSSやCSVファイルとワードプレスを組み合わせれば、自動(またはほぼ自動)でサイト構築が可能になります。しかもそれは、ほったらかしで自動的に更新するようにもできますし、自分で取り込んで数千ページ、数万ページを構築・更新することもできます。

このようにして自動(またはほぼ自動)で構築したサイトの中にアフィリエイト広告を忍ばせておいて、アフィリエイト報酬を得るというのが、最新の「サイトアフィリエイト」のノウハウです。

このような傾向を踏まえて、最新の「サイトアフィリエイト」の情報商材を検討してみましょう。

サイトアフィリエイト 総合ノウハウ&専用ツール

代表的な情報商材と専用ツール

  • おすすめ!『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』(総合ノウハウ&専用ツール)
  • おすすめ!『イメージングアフィリエイト』(総合ノウハウ)
  • 『LMアフィリエイトプログラム/資産構築型アフィリエイト』(総合ノウハウ)
  • 『超インパクトブランディングアフィリエイト術2』(総合ノウハウ)
  • 『エンタメブログ魂~人気ブロガー養成スクール~』(総合ノウハウ)

おすすめは、RSSを利用した自動サイト構築ツールと総合的なノウハウ(ネット集客方法など)を解説した最新の情報商材『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』です。しかし、いまは販売が休止されているようです。

『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』はRSSを利用してワードプレスに自動的に記事を取り込み、コンテンツが充実したポータルサイトをほったらかしで構築するためのツールとノウハウがパッケージになったものです。

サイトアフィリエイトで稼ぐ方法 [2017年後期] 自動サイト構築の最新ノウハウは?

ここで利用されているRSSとワードプレスを組み合わせた「完全自動サイト構築」システムは、『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』に付属している専用ツールがなくても実現できます。私の特典では、RSSとワードプレスを組み合わせた「完全自動サイト構築」システムの作り方を詳しく解説していますから、『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』が手に入らなかったとしても、そちらを参考にされれば大丈夫です。

さらに私の特典では、CSV形式をワードプレスに取り込んで数千ページ、数万ページのサイトを一瞬で構築するノウハウも提供していますから、合わせて利用すればさらに強力なサイト構築ノウハウとなります。

『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』と並んでおすすめしたいのは、『イメージングアフィリエイト』です。こちらはサイトアフィリエイトの総合ノウハウに、ある特殊な手法を組み合わせてアフィリエイト報酬を得るテクニックが公開されています。

『イメージングアフィリエイト』では、自動サイト構築のノウハウやツールは付属していないのですが、これも私の特典(「RSSとワードプレスを組み合わせた「完全自動サイト構築」システムの作り方」、「数千ページ、数万ページのサイトを一瞬で構築するノウハウ」等)を参考にされれば問題ありません。

なお、アダルトサイトにもRSSやCSVファイルを利用して「完全自動サイト構築」を作って儲ける方法が公開された情報商材がありますが、それは「アダルトアフィリエイトの稼ぎ方」のページで詳しく解説します。

「完全自動サイト構築」だけでは稼げない理由とは?

『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』は、RSSというインターネット上の仕組みを利用して、自分のサイトのコンテンツを自動で作り上げ、ほったらかしで稼ぐためのノウハウと専用ツールが提供されています。

その他にも、CSVファイルを取り込む手法で一瞬で数千ページ、数万ページのサイトを構築する方法もあります。

こうして作られた「完全自動でほったらかしのサイト」に、SEO対策やネット集客(無料ブログ集客、フェイスブック集客Twitter集客、インスタグラム集客、YouTube集客、アンテナサイト集客、アプリ集客、LINE集客、PPC広告)などを組み合わせていくことで、アフィリエイト報酬を得ることができるわけです。

さらに稼ぎたい場合は、完全自動で構築したサイトにオリジナルコンテンツを付け加えていくといいでしょう。自動でサイトを構築し、ほったらかしでコンテンツが増えていくと言っても、RSSやCSVファイルの内容は、元々は他の人が作ったコンテンツ記事です。ネット集客で大量のアクセスを集めることができれば、それなりのアフィリエイト報酬を得ることも可能ですが、さらにアフィリエイトで稼ぎたい場合は、オリジナルコンテンツによる情報発信が効果的です。

オリジナルコンテンツによる情報発信の具体的な手法は、『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』や『イメージングアフィリエイト』の教材の中でも詳しく解説されていますが、ところどころ抜けていたり、情報が不足している箇所があります。

サイトアフィリエイトで稼ぐ方法 [2017年後期] 自動サイト構築の最新ノウハウは?

特にワードプレスの重要な設定、SEO効果を高めるプラグインの設定、効率的なパーマリンクの設定、重複コンテンツを避けてSEO対策上有利にする具体的な設定方法、ライバルにサイトの存在を悟られない特殊な手法、サイト量産のためのエクセル活用法、作業が10倍はかどるテキストエディタとマクロ機能、大量記事のインポートに必須のエンコードの設定方法など、基本および重要なノウハウについては、どちらの教材の説明も不十分な点があります。ですから、教材の中で間違って説明されていたり、不足している重要事項などについては、私の特典の中で詳しく解説・補足します。

『フェニックス(全自動更新型ポータルサイトシステム)』と『イメージングアフィリエイト』はどちらも素晴らしい教材ですから、それを十分に活用できないのはもったいないことです。ですから、ぜひ私の特典と合わせて稼ぎを加速させてください。

※各情報商材やツール等は、コースによってノウハウやサポート内容が異なります。当サイトで分類したジャンルやカテゴリー等に当てはまらない場合もあります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。